スポンサーサイト
2013.08.30 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
【長文御免】「ゴスペラーズ坂ツアー2012-13『FOR FIVE』伊勢崎公演メモレポ。
2012.12.21 Friday 12:17
JUGEMテーマ:日記・一般
 
イエェェェ〜〜〜〜〜〜イ!!
(『イントロ'95』の出だし風にお読み下さい)

…という訳で、ゴス兄さんデビュー18周年おめでとう!!な本日は、
3日前に参戦した『FOR FIVE』ツアー伊勢崎公演のメモレポを
お届けでござーいまーす。



 
「ゴスペラーズ坂ツアー2012-13 『FOR FIVE』」 伊勢崎公演

【日時】2012年12月18日(火) 17:45開場/18:30開演

【会場】伊勢崎市民文化会館大ホール(群馬県伊勢崎市)

【今回の座席】12列15番(伊勢崎市民文化会館は1階席のみ)

【衣装】
(前半)
・明るいブルーグレーのJK(裏地は黒地にピンクの水玉、胸ポケットには同柄のチーフを)
・白シャツ&白パンツ(細身)
・白のアディダスのスニーカー

(後半)
・ピッカピカな金色のJK(襟部分は黒)
・黒シャツ&黒パンツ(サイドに金のライン)
・黒のエナメル

【セットリスト】
1. STEP!
2. It's Alright-君といるだけで-
3. 靴は履いたまま
4. Let It go
5. ミモザ

-MC-

6. ひとり
7. 真夏の夜の夢
8. あたらしい世界

-MC-

9. astro note
10. Your Hero
11. Soul Song Juke
12. 星屑の街
13. Love Me! Love Me!
14. パスワード
15. CLASH
16. 2080

-MC-

17. BRIDGE
18. ゆくてに
19. 終わらない世界2009
20. 愛の歌(なりきりゴスペラーズ)
21. ギリギリSHOUT!!
22. 1,2,3 for 5

-アンコール-
23. This Chistmas
24. 永遠に

【MCネタ】
★全体的MCは少なめだったが、内容は濃かった(笑)。

★会場の伊勢崎市民文化会館は1999年の『FIVE KEYS』ツアー以来、実に13年ぶり…という事で、何かにつけて「13年ぶり」を強調しまくるゴス兄さん(特にリーダー)。

★「で、その13年前の『FIVE KEYS』ツアーにも来た人!」…と、リーダーが会場に問いかけたところ、会場の約2割が挙手(ちなみに、オイラも挙手。←初めて生ゴスを見たのがこのライヴなの)。

★『astro note』で使用するボコーダーを紹介したところ、黒ぽんから「じゃあ、ボコーダー使って何か言ってみてよ。4単語位で。」…と無茶ぶりされて、焦る北山先生。

★村・北・安が衣装チェンジタイムに突入し、ステージ上に残ってしまった黒ぽんと酒井さんは、サークル時代の思い出話に。

★ここで、黒・酒コンビに当時のサークル仲間3人で組んでいたバンド・「『黒沢バンド』略して『黒板』」で披露していたマーチンさんの曲をアカペラで披露するものの、5人でやってたアカペラを2人でやるもんだから、まぁ、せわしないせわしない(リーダー談・笑)。

★今度は衣装チェンジが終わった村・安・北がステージに戻り、黒・酒が衣装チェンジへ。

★ここでもサークル時代の話になり、大学3年の時にS.C.Sへ加入した北山さん曰く、当時のリーダーを「板前カットで、赤いコートを着ていて、マスクを付けてた。」そうで…ってか、その風貌怖いよ(爆)。

★そして、バーン!!とサークル部室のドアを開け、ズドーン!!と赤いコートを脱いでソファに投げ、ドカーッ!!!!っとソファに座ってたのが今でも強く印象に残っているそうな。(by北山さん)

★北山先生曰くの「板前カット」について、「あれは短髪にパーマをかけてたんだよ!」…と説明するリーダー。

★「サークル時代は(村・安・北)で組むことがほとんどなかった」ということから、「じゃぁ、この3人で何かやってみる?(byリーダー)」…と言うことで、お父さんお母さん世代には懐かしい『ダイアナ(日本語Ver.)』を3人アカペラで披露。

★ちなみに、この3人のグループ名は会場によって違ってくるということなのですが、伊勢崎公演では何かのきっかけで「トガってる→エッジ」というワードが出て、更に衣装のJKが金色だったことにちなんで『ゴールデン・エッジズ』というグループ名に。

★しかし、「エッジ」が「エッチ」に聞こえたとかで一瞬「ゴールデン・エッチズ(金色のエッチ)」というのも候補にあがる(笑)。

★リードは北→安→村の歌い継ぎ方式だったのですが、ヤングがリードを取った時に、お得意の「膝を落とし、脚力と腹筋を使って膝から立ち上がる」動作をして会場からヤンヤヤンヤの大喝采。

★それを見てリーダーも真似しようとするが、見るに見れないガチガチ具合(身体が硬すぎて後ろにそれない&立ち上がれない)に、サイドからリーダーの腰を支えてサポートをしはじめる北・安コンビ(笑)。

★「無理!腰をやると思ったもん(大爆笑)!!」(byヤング)

★衣装チェンジが終わって戻ってきた黒・酒を交えて、「サークル時代の思い出」を話し出す5人。

★「アマ時代はグループ名決めるのが本当にグダグダになる」ということから、「黒ぽんが絡むとグループ名が決まるのが早い。僕がサークル時代に黒沢さんと組んだグループなんて、その時の定期演奏会の“トリ”だったから…という理由で『トリーズ』だもん(笑)。」と語る北山さん。

★ちなみに、『ゴスペラーズ』は「初代のメンバーで活動する前から既にあったグループ名。まさにグループ名先行。(byリーダー)」だったそうで。

★『CLASH』でMJバリのダンス&パフォーマンスを披露した黒ぽん。しかし、見ていてハラハラしてしまうのは何故なんだろう(爆)?

★そして、その勢いのまましゃべり方もMJっぽくなる黒ぽん(笑)。それを見て「犬のしつけみたい」と言い放つヤング(爆笑)。

★「『2080』はなんと読む?」という話になり、出てきた読み方は、「にー・まる・はち・まる」・「にせんはちじゅう」・「トゥエンティー・エイティー」・「トゥーサウザント・エイティー」。作者酒井さん曰く「この曲は『2080年の未来』をテーマにしている」ということから、後ろ2つに関しては英語風で言うリーダー。

★『愛の歌』でなりきりゴスペラーズ。今回のパート分けは会場を右・中央・左で分けるのではなく、誕生月で分ける方法を採用し、1月~4月生まれはリーダー(トップ)、5月〜8月生まれはヤング(サード)、9月〜12月生まれは酒井さん(セカンド)でパート分け。1月生まれのオイラは、今回リーダーパートでした。

★気が付いたら、シャツのボタンを全開けしていた黒ぽん(アンコール登場時には元にもどってましたが)。

★終盤のご挨拶で「年末の平日の夜にかかわらず、こんなにたくさんの皆様に来ていただいて、今回は立見も出たそうで、本当にありがとうございます!」と感謝するリーダー。

★「疲れた時はコンサートするに限るね!」…と、ライブ最高!!をアピールする酒井さん。

★「今日はちょこちょこミスをしてまして…、『ギリギリSHOUT!!』で何か回転が2回転ほど足らないなー…と思っていたら、マイクを持ち忘れてしまって、マイク1本分の遠心力が足らなかったんですよ(笑)。」…と、語る北山さん。それを受けて「精密機械かっ!」と突っ込む酒井さん(笑)。

★「(『FIVE KEYS』ツアーで伊勢崎に来た)13年前、僕はまだ25歳でした。そして、今は(も?)…ヤングです。」と挨拶するヤング(笑)。

★最後の挨拶でもMJ風をひっぱる黒ぽん(笑)。それは流石に…というコトで元に戻り、今回伊勢崎で13年ぶりに公演することになった時に、リーダーとスタッフさんとの間で「そういえば、伊勢崎で公演やったことあったっけ?やったような気がする!?やってないって!!」…という話になり、楽屋で過去の資料を引っ張り出して調べたトコロ、『FIVE KEYS』ツアーで来ていたコトが分かり、その瞬間みんなで「あったーっ!!、やってたーっ!!」…と大盛り上がりしたそうです。

★「あのツアー(『FIVE KEYS』)は“ゴス坂ツアー史上最も脱いだツアー”だったんだよなぁ。衣装も袖なしでさぁ。」…と思い出を語るリーダー。確かに、あの時リーダーと黒ぽんは脱いでましたわ。

★13年ぶりの伊勢崎公演に興奮したのか、懐かしがったのか、「そういえば、オレ、今日1回も群馬って言葉使ってなかった。」…と、最後の最後になって気付くリーダー。確かに、伊勢崎は連呼してたけど、群馬は言ってなかった(笑)。

★この日はクリスマス1週間前…ということもあり、アンコールが『This Christmas』に。

【場外ネタ】
★地元公演の場合は、駐車場確保もあって結構早めに会場入りするのですが、ここ2回程地元公演でグッズ先行販売前にグッズ販売担当のスタッフさんに挨拶する黒ぽんを目撃していたこともあり、今回も何気にそれを期待していたら、黒ぽん私服姿(ハットにTシャツとJK、そしてジャージ姿)でご降臨されました!!

★この日は同じ会場の別のホールで税理士さん達が研修会をしていたらしく、オイラが着いた時は丁度休憩時間か何かで税理士さん達がロビーでお堅いお話をしながら休憩中、その横ではゴスマニがゴス話に華を咲かせてる…という、スゴイ光景が繰り広げられておりました(その関係で駐車場が埋まってて車が停まらない停まらない・汗)。

★ゴス兄さんのポスターを見ていた若手の税理士さんが、「へぇ、今日ゴスペラーズ来てるんですね。オレ、研修じゃなくてこっち(ゴスのライブ)に行きたいわー。」…と話してた(笑)。

★客層は広め。今回はカポーさんよりも家族連れや50代以上のご夫婦連れの方を多く見かけました。ロビーで休んでいたら、「ママー、今日は酒井さん見れるのー?」と小学校低学年ぐらいの男の子とお母さんの会話をキャッチ(お父さんもいたので家族連れで来たと思われ)。幼少からゴスに触れさせるとは、お母様、ナイス教育です(笑)!

★この日は地元民でもビビっちゃう位の上州名物からっ風様が大暴れ&寒波到来で極寒。ライブが終わって外を出たら、赤城山から風花(雪)が飛んできました。

| cog(コグ) | ゴスネタ。 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
スポンサーサイト
2013.08.30 Friday 12:17
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://cog-nippou4th.jugem.jp/trackback/1957
2012/12/29 6:49 AM posted by: Nowpie (なうぴー) J-POP
ゴスペラーズ の最新情報が一目でわかる!ニュース、ブログ、オークション、人気ランキング、画像、動画、テレビ番組、Twitterなど
Search
Profile
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
ぽんカレーNEO
ぽんカレーNEO (JUGEMレビュー »)
黒沢薫(ゴスペラーズ)
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
Twitter.
ランキング&解析(参加中)
只今、以下のブログランキング&ブログ解析に参加中。お気軽にポチっとクリックして頂けば、涙流して喜びます。
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ
Yahoo!
SMEミュージックフレーム
Mail Form.
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM